忍者ブログ
 片山伯耆流は戦国時代の武将、片山伯耆守久安を始祖とする武術である。  居合、剣術、体術等の総合武術で片山流とも称するが、現在まで伝わるのは居合のみ。  最近になって、書伝を基に失伝した腰廻等を起こしたのが「片山伯耆流柔術」。山口県岩国市のとある道場で数人の門下生が稽古をしている。
2019/11月

≪10月  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12月≫
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 ちょっと遅れての稽古への参加でしたが、今週はイタリアから3名ほど稽古に参加されています。

 今回は馴染みのメンバーでひしぎ術を中心にやっていました。いつも思うのですが、彼らは手加減というものがないようです。常に力いっぱいというか手抜きなしでやっております。

 私らはというと、「怪我させるといけないから」というもっともらしい理由をつけてはちょいと手加減をしておりますが、本来は手加減なしでやった方がいいんですよね。もちろん、稽古で怪我をしたのでは話になりませんから、肝心なところではうまく裁かないといけませんが。

 技の構成はたいてい相手の攻撃に応じていくものなので、受ける側がきちんと攻めないとうまくいかないときもあるわけです。よくあることですが、相手に当ててはまずいと思って最初から外していると、応じる方もイマイチな感じになってしまいます。基本は体の中心線を狙っていくので、それを最初に理解しておけば、さほど問題はありません。

 彼らとはまた来年ということになりそうですが、楽しみです。


PR
 久々の稽古参加となりましたが、ここのところひしぎを使っているようです。

 そもそもひしぎ術がいつから一つの体系的なものとして行われているのか興味があるところです。別に鉄扇術なるものがあるようですが、これと関係があるのでしょうか。

 短刀と似たような使い方をすることもあるようですが、短刀は刃があるますからね。ちょっと違いますね。棒や杖、半棒と似たようなところもあります。長さが違うだけなのでそういったところも出てくるんでしょうかね。

 とまあ、ひしぎ術の起源にはちょっと興味深いですが、一つ言えることは「痛い」わけです。そりゃそうですね、なんせ棒きれをゴリゴリと押しあてたり突いたりするわけですから。ちょっとした暗器のような使い方もできますし。

 基本は体術と同じなわけですが、やはり獲物を持ってるわけですから、その分、攻め方が豊富になってきます。実戦で役に立つかと言われたら...使い手次第ってところでしょうかね。先に言ったように、いろいろなものと似ているわけで、それらにも応用が効きますから。

 ただ...

 痛いんですよね。


 今週は都合により稽古に参加できませんでしたが、海外より稽古に来られていたようです。  今期あはスペインから。  毎度思うのですが、ヨーロッパではずいぶん盛んなのですかね。どうやらその方は香取神道流もされているようで、こちらでの稽古の後、東北に向かわれたとか。  当道場にいろいろな国の方が稽古に来られますが、みなさん熱心に稽古されています。たいていの方は他に何かされているようです。空手であったり、合気道であったり、居合であったり。そう言えば柔道をやっている方はまだおられませんね。  しかし...一体どこで話を聞き付けてくるんでしょうかね。
 ひしぎと言えば、1尺程度の短い棒なのですが、ふと考えると、なぜ「ひしぎ術」なるものがあるのだろう、と。鉄扇を使ったものは「鉄扇術」といったものがありますし、十手も然り。長さが似たものにはそれぞれの術があるわけで、ひしぎは一体どこでどういう風に使われていたのか...

 たまたま、棒や丈が折れてひしぎの長さになってしまったのなら棒術や丈術の中にあればいいわけでひしぎ術でなくていいわけです。しかも「ひしぎ」というネーミング自体、棒や丈のようにものを表すものではなくて、「ひしぐ」という状態を表すものですよね。

 では「ひしぐ」のもつ意味はというと...「押しつけてつぶす・押しつぶす」だそうです。ということは、1尺程度の棒でもって相手を押しつぶす術を「ひしぎ術」ということになるでしょうか。

 しかし、です。鉄扇術にも十手術にもそういった動きがありますよね。わざわざ「ひしぎ術」なるものを独自の体系にまとめた理由はなんだったのか、と。押しつぶされる痛みに耐え、稽古をしながらふと思ってみたり。


 先週は遅まきながら稽古始め。いや、寒かったですよ。

 よく考えると型稽古が中心なもんで、体が温まらないんですよ。多分、他の道場だと、もっと動いたりしてるのではないかなと思うんですが、ここの道場では動かないですね。

 何か、冬場を温かく過ごせるいい方法はないものかと思うわけですが、この考え辞退が邪道なんですかね?

カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
忍者アド
最新コメント
[07/18 NONAME]
[11/02 よみがえり]
[07/29 Kuni]
[07/23 Kuni]
[06/15 尾見]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
片山伯耆流丁稚頭
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
フリーエリア
アクセス解析

Copyright © 片山伯耆流柔術 All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]