忍者ブログ
 片山伯耆流は戦国時代の武将、片山伯耆守久安を始祖とする武術である。  居合、剣術、体術等の総合武術で片山流とも称するが、現在まで伝わるのは居合のみ。  最近になって、書伝を基に失伝した腰廻等を起こしたのが「片山伯耆流柔術」。山口県岩国市のとある道場で数人の門下生が稽古をしている。
2017/12月

≪11月  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01月≫
[172]  [171]  [170]  [169]  [168]  [167]  [166]  [165]  [164]  [163]  [162
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 久々の稽古参加となりましたが、ここのところひしぎを使っているようです。

 そもそもひしぎ術がいつから一つの体系的なものとして行われているのか興味があるところです。別に鉄扇術なるものがあるようですが、これと関係があるのでしょうか。

 短刀と似たような使い方をすることもあるようですが、短刀は刃があるますからね。ちょっと違いますね。棒や杖、半棒と似たようなところもあります。長さが違うだけなのでそういったところも出てくるんでしょうかね。

 とまあ、ひしぎ術の起源にはちょっと興味深いですが、一つ言えることは「痛い」わけです。そりゃそうですね、なんせ棒きれをゴリゴリと押しあてたり突いたりするわけですから。ちょっとした暗器のような使い方もできますし。

 基本は体術と同じなわけですが、やはり獲物を持ってるわけですから、その分、攻め方が豊富になってきます。実戦で役に立つかと言われたら...使い手次第ってところでしょうかね。先に言ったように、いろいろなものと似ているわけで、それらにも応用が効きますから。

 ただ...

 痛いんですよね。


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人だけにコメントする。)
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
忍者アド
最新コメント
[07/18 NONAME]
[11/02 よみがえり]
[07/29 Kuni]
[07/23 Kuni]
[06/15 尾見]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
片山伯耆流丁稚頭
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
フリーエリア
アクセス解析

Copyright © 片山伯耆流柔術 All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]