忍者ブログ
 片山伯耆流は戦国時代の武将、片山伯耆守久安を始祖とする武術である。  居合、剣術、体術等の総合武術で片山流とも称するが、現在まで伝わるのは居合のみ。  最近になって、書伝を基に失伝した腰廻等を起こしたのが「片山伯耆流柔術」。山口県岩国市のとある道場で数人の門下生が稽古をしている。
2017/10月

≪09月  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11月≫
[170]  [169]  [168]  [167]  [166]  [165]  [164]  [163]  [162]  [161]  [160
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 ひしぎと言えば、1尺程度の短い棒なのですが、ふと考えると、なぜ「ひしぎ術」なるものがあるのだろう、と。鉄扇を使ったものは「鉄扇術」といったものがありますし、十手も然り。長さが似たものにはそれぞれの術があるわけで、ひしぎは一体どこでどういう風に使われていたのか...

 たまたま、棒や丈が折れてひしぎの長さになってしまったのなら棒術や丈術の中にあればいいわけでひしぎ術でなくていいわけです。しかも「ひしぎ」というネーミング自体、棒や丈のようにものを表すものではなくて、「ひしぐ」という状態を表すものですよね。

 では「ひしぐ」のもつ意味はというと...「押しつけてつぶす・押しつぶす」だそうです。ということは、1尺程度の棒でもって相手を押しつぶす術を「ひしぎ術」ということになるでしょうか。

 しかし、です。鉄扇術にも十手術にもそういった動きがありますよね。わざわざ「ひしぎ術」なるものを独自の体系にまとめた理由はなんだったのか、と。押しつぶされる痛みに耐え、稽古をしながらふと思ってみたり。


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人だけにコメントする。)
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
忍者アド
最新コメント
[07/18 NONAME]
[11/02 よみがえり]
[07/29 Kuni]
[07/23 Kuni]
[06/15 尾見]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
片山伯耆流丁稚頭
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
フリーエリア
アクセス解析

Copyright © 片山伯耆流柔術 All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]