忍者ブログ
 片山伯耆流は戦国時代の武将、片山伯耆守久安を始祖とする武術である。  居合、剣術、体術等の総合武術で片山流とも称するが、現在まで伝わるのは居合のみ。  最近になって、書伝を基に失伝した腰廻等を起こしたのが「片山伯耆流柔術」。山口県岩国市のとある道場で数人の門下生が稽古をしている。
2017/11月

≪10月  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12月≫
[165]  [164]  [163]  [162]  [161]  [160]  [159]  [158]  [157]  [156]  [155
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 今年はしばらく片山伯耆流と天神明進流を中心に進める予定だそうです。といっても、今年はあとわずかでした。

 稽古納めは来週となります。都合の付く方は参加してください。ちなみに私は参加できませんので昨日で稽古納めとなりました。

 とはいえ、古流武術の稽古というのは道場でやるのが全てではないですからね。というのが最近の考えとなっております。確かに型の稽古は道場でやるのが一番なんですけど、それ以外のものとなるとどこでもできるわけで。

 というのも、よくよく考えると武術というのは当時の武士にとっては「生きる術」なわけですから、特別なところで特別なことをしなければならないわけでもないのではないかと。今では「道着」なんてものを着て稽古をするわけですが、当時の人達はわざわざ特別な服装をしていたわけではなくて、今で言えばスーツを着たサラリーマンがジャケットを脱いでネクタイを外すくらいの感覚ではないかと思うわけです。

 そう考えると、武術を習得するための稽古自体、わざわざ道場に出向いて特別なことをしなくてもできるのではないかと。いわば、生活全てが稽古と思えば道場での稽古は終えましたが、まだまだ続くわけです。

 ちなみに年明けの稽古始めは第3週からとなりますのでお知らせしておきます。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人だけにコメントする。)
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
忍者アド
最新コメント
[07/18 NONAME]
[11/02 よみがえり]
[07/29 Kuni]
[07/23 Kuni]
[06/15 尾見]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
片山伯耆流丁稚頭
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
フリーエリア
アクセス解析

Copyright © 片山伯耆流柔術 All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]