忍者ブログ
 片山伯耆流は戦国時代の武将、片山伯耆守久安を始祖とする武術である。  居合、剣術、体術等の総合武術で片山流とも称するが、現在まで伝わるのは居合のみ。  最近になって、書伝を基に失伝した腰廻等を起こしたのが「片山伯耆流柔術」。山口県岩国市のとある道場で数人の門下生が稽古をしている。
2017/09月

≪08月  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  10月≫
[175]  [174]  [173]  [172]  [171]  [170]  [169]  [168]  [167]  [166]  [165
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 ここのところ続けて稽古に参加できております。というわけで、ずっと流れについていってるわけですが、今は天神明進流を再度おさらい。前に一度はやっていると思うのですが、間を開けるとけっこう忘れているものです。

 おさらいをして良いことと言えば、以前はよく分からなかったことが分かったりするということ。「なんでこんなことをやるんだろう?」と思っていたところが「こういうわけか」と妙に府に落ちてみたり。最初のころは「木を見て森を見ず」」の状態なんですよね。

 一つ一つの技の形ばかりをみているので、動きの意味が今一つよく分からなかったわけです。逆に「なんかこの動きはおかしいよな」と思うことも。先生が言うには「技も伝達されていく中で変わっていくから」と。同じ技でも大柄な人がやるのと小柄な人がやるのでは少し違って見えたりします。あるいは同じように動いていてもやはり微妙に違っていたり。

 まあ、そのくらいならそう大きく違ったりもしないんでしょうけど、まれに勘違いが伝わったりってのもあるようです。たまたま間違えたものを見てそれをそのまま伝えてしまったり。そうなると、不自然な動きが入ってしまうんですけど、それをそのまま引き継いでしまい、訂正されないままに伝えられてしまって、後になって「なんでこうなるの?」となるわけです。

 今となってはそれが間違っていたのかどうかも分からないので、「このように教わった」というものをそのまま伝えることになるのですが、どうしても不自然さが残ってしまいます。

 まあ、それも伝承の面白さと思えばその真贋のほどを想像したりして楽しむこともできそうです。


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人だけにコメントする。)
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
忍者アド
最新コメント
[07/18 NONAME]
[11/02 よみがえり]
[07/29 Kuni]
[07/23 Kuni]
[06/15 尾見]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
片山伯耆流丁稚頭
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
フリーエリア
アクセス解析

Copyright © 片山伯耆流柔術 All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]