忍者ブログ
 片山伯耆流は戦国時代の武将、片山伯耆守久安を始祖とする武術である。  居合、剣術、体術等の総合武術で片山流とも称するが、現在まで伝わるのは居合のみ。  最近になって、書伝を基に失伝した腰廻等を起こしたのが「片山伯耆流柔術」。山口県岩国市のとある道場で数人の門下生が稽古をしている。
2018/08月

≪07月  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09月≫
[117]  [116]  [115]  [114]  [113]  [112]  [111]  [110]  [109]  [108]  [107
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 今週の稽古をもって今年の稽古は終了いたしました。来年は第2週目からとなりますので、稽古に参加される方はお願いします。ちなみに私は...ムリです。

 ちなみに今年最後の稽古は浅山一伝流の続きということでした。この流派もやっていくとなかなかおもしろいわけですが、なにぶん地味なものが多いわけです。時代劇の殺陣のようにはいかないですね。でも、そういったシーンの端々にしみ込ませる要素がたくさんあったりして、実際に技を取り入れながらやってみるときっと迫力のある殺陣になることでしょう。

 まあ、古流武術っていうのはそんなもんですね。以前にも書いたかと思いますが、敵と相対したときの対処方法ですから。技の名前もありますけどいちいち戦いの場で技名を叫びながらやるわけじゃありませんからね。いや、それはそれでおもしろいかもしれませんけど。

 「必殺!タツノオトシゴ!!」

 なんて叫びながら技を繰り出したら相手もビックリかもしれません。いわゆる「気合いをれる」っていうことに通じてそうですね。どうでもいいですけど当流はには「タツノオトシゴ」なんて技名はありません...多分。

 話はそれましたが、ここ数日、急に寒くなって稽古にも辛い日々となりました。

 ではた来年。よいお年を。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人だけにコメントする。)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
忍者アド
最新コメント
[07/18 NONAME]
[11/02 よみがえり]
[07/29 Kuni]
[07/23 Kuni]
[06/15 尾見]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
片山伯耆流丁稚頭
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
フリーエリア
アクセス解析

Copyright © 片山伯耆流柔術 All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]