忍者ブログ
 片山伯耆流は戦国時代の武将、片山伯耆守久安を始祖とする武術である。  居合、剣術、体術等の総合武術で片山流とも称するが、現在まで伝わるのは居合のみ。  最近になって、書伝を基に失伝した腰廻等を起こしたのが「片山伯耆流柔術」。山口県岩国市のとある道場で数人の門下生が稽古をしている。
2017/10月

≪09月  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11月≫
[121]  [120]  [119]  [118]  [117]  [116]  [115]  [114]  [113]  [112]  [111
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 久々に稽古に行ってきました。私は久々ですが稽古は毎週行われています。今週は片山伯耆流。腰廻をまた初めてますが、どうやら先週から居合をやりだしたようです。

 居合をやりだしたそもそもの発端は、「腰廻をやってるんだから居合をやった方がいいかな?」という実にライトな動機から。当初は柳生心眼流をやっていましたが(今もやってますよ)、どうも外国チームが居合をやっていて日本に腰廻を習いにきているもんで、少し前から居合をやらないかと誘いを受けていたわけです。

 実は岩国でも片山伯耆流居合をやっているので、そちらを飛ばして外国チームとやるのも気が引けていたわけですが、その外国チームに教えていた先生もそう若くなく、今のうちに一度見せておいてもらった方がよいのではないかと思い立ったところ、師匠がやたらと乗り気になってそのうち習いに行こうということに。

 まあ、その前哨戦ってわけじゃないですけど、一応、こちらでも片山伯耆流居合を勉強しとこうかってとこじゃないですかね。

 実際にやってみると...これがけっこう大変。すでい柳生心眼流の捌きが身に付いてるもんで、それが出ないよう気を付けながらやらないと。それでも油断すると柳生心眼流の動きになってしまうので、いちいち確認しながら少しばかりやってみましたが...ムツカシイです。

 まあ、今年はどうやら居合も少し真面目にやるようになりそうなので、やはり刀を一振り求めておかないといけないかもしれません。居合刀もけっこういいお値段がするんですよね。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人だけにコメントする。)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
忍者アド
最新コメント
[07/18 NONAME]
[11/02 よみがえり]
[07/29 Kuni]
[07/23 Kuni]
[06/15 尾見]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
片山伯耆流丁稚頭
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
フリーエリア
アクセス解析

Copyright © 片山伯耆流柔術 All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]