忍者ブログ
 片山伯耆流は戦国時代の武将、片山伯耆守久安を始祖とする武術である。  居合、剣術、体術等の総合武術で片山流とも称するが、現在まで伝わるのは居合のみ。  最近になって、書伝を基に失伝した腰廻等を起こしたのが「片山伯耆流柔術」。山口県岩国市のとある道場で数人の門下生が稽古をしている。
2017/10月

≪09月  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11月≫
[68]  [67]  [66]  [65]  [64]  [63]  [62]  [61]  [60]  [59]  [58
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 今週は、参加する人が少なかった(というよりもいなかった?)ため稽古は休みとなりました。一説には師匠に支障がでたためとも言われてますが...

 ここ最近、日本でもずいぶん簡単に人が殺されてしまうようになりましたが、そこで、「護身術」というものをふと考えてみたときに、「柔術が護身術になりうるのか?」という疑問が出てきました。

 今は、片山伯耆流を中心にいくつかの流派をやっておりますが、確かに、技が掛かればかなりの破壊力があるのではないかと思います。しかし、そこにいたるまでがじつはとんでもなく難しいのではないでしょうか。

 稽古のときには受け手も技をかけられるつもりでやってますから掛ける方も技を出しやすいのです。が、実戦となるとそうもいきません。柔道や空手、剣道の試合経験のある方ならお分かりだと思いますが、簡単に技が掛けられるものではないのです。

 もし、そんなに簡単に技が掛かるなら柔道なんかでは一本の嵐ですね。

 このように、試合という、相手が何をするかある程度分かっているものですらこの状態ですから、普通に道を歩いていていきなり襲いかかられたらどうでしょうか?

 技を掛けるとかいう問題ではないですよね。ただ、こういった武術をやっていると、「とっさに技を掛けてしまった」ときのことも考えておかないといけないでしょう。まかり間違って技が掛かってしまったら大変なことに。

 古流武術の怖さはここにあります。変に過信して中途半端な技を繰り出して返り討ちにあったり(こちらの方が多いでしょうか)、また、思いがけず技が決まって相手が大怪我したり...

 実際、古流武術の技はきっちり決まればかなりのダメージを与えますからね。当たり前と言えば当たり前のことなのですが。

 そうなると、古流武術はあまり護身術には向かないのではないかと思うのでした。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人だけにコメントする。)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
忍者アド
最新コメント
[07/18 NONAME]
[11/02 よみがえり]
[07/29 Kuni]
[07/23 Kuni]
[06/15 尾見]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
片山伯耆流丁稚頭
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
フリーエリア
アクセス解析

Copyright © 片山伯耆流柔術 All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]