忍者ブログ
 片山伯耆流は戦国時代の武将、片山伯耆守久安を始祖とする武術である。  居合、剣術、体術等の総合武術で片山流とも称するが、現在まで伝わるのは居合のみ。  最近になって、書伝を基に失伝した腰廻等を起こしたのが「片山伯耆流柔術」。山口県岩国市のとある道場で数人の門下生が稽古をしている。
2017/12月

≪11月  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01月≫
[162]  [161]  [160]  [159]  [158]  [157]  [156]  [155]  [154]  [153]  [152
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 稽古というと自分でやるのが多いわけですが、人がやるのを見るのも稽古です。自分がやるときはどうしても、その所作を見ることが難しくなります。今はビデをを取って見返すということもできますけど。

 しかし、見取り稽古ということばがあるくらい、人がやるのを見ることも大事です。そこからいろいろなことを学ぶことができます。もちろん、最終的には、そこから学んだことを自ら実践することが必要なんですけどね。

 昔は、簡単に教えてもらえるわけでもなく、「見学」させてもらうというのも稽古のうちでした。そうして技を身につけていったと言われます。しかも、何度も見せてもらえるわけではないし、道場が遠方であれば、今のように何度も足を運ぶわけにもいきません。一度見せてもらったものは確実に覚える、そうした姿勢が自然とあったのではないかと。

 今は、一度見て分からないところをリプレイしてもらうこともできますし、少々道場が遠くても、何度も行くこともできます。というか、行かなくてもビデオかなんかでその動きを記録しておくこともできます。そういう意味では昔の人に比べて熱心さはなうkなってきているんでしょうか。

 なにより重要なのは...この時期からは見取り稽古は少々辛いですね。寒いですから。


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人だけにコメントする。)
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
忍者アド
最新コメント
[07/18 NONAME]
[11/02 よみがえり]
[07/29 Kuni]
[07/23 Kuni]
[06/15 尾見]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
片山伯耆流丁稚頭
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
フリーエリア
アクセス解析

Copyright © 片山伯耆流柔術 All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]