忍者ブログ
 片山伯耆流は戦国時代の武将、片山伯耆守久安を始祖とする武術である。  居合、剣術、体術等の総合武術で片山流とも称するが、現在まで伝わるのは居合のみ。  最近になって、書伝を基に失伝した腰廻等を起こしたのが「片山伯耆流柔術」。山口県岩国市のとある道場で数人の門下生が稽古をしている。
2017/09月

≪08月  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  10月≫
[149]  [148]  [147]  [146]  [145]  [144]  [143]  [142]  [141]  [140]  [139
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 今月に入って稽古に参加できていないのでちょっと他ネタを。

 インターネットで動画を見ることができるので、いろいろな流派を見ることができるわけですが、剣術をやっているとやあり気になるのが示現流です。

 薩摩のお家芸で、幕末にはかの新撰組ですら恐れたと言われる示現流ですが、他の剣術とは確かに一線を画していますね。はっきり言って美しくありません。決して悪い意味ではなく。恐ろしいですよ、いきなりこんなのに斬りかかられたら。基本の稽古はほうの木(でしたか?)をひたすら木剣で打ち続けるというものですよね。動画ではなんとなく経験の浅い方と、それなりに経験された方がありましたが、経験された方は腰の座りが違います。

 さすがに「二の太刀いらず」と言われるほどに一撃目に全てをかけているようなスタイルですが、一撃目をかわしても同じような勢いで攻め込まれるわけですから二の太刀もなにもあったもんじゃありません。

 個人的には足腰を鍛えるにはいいかなと思ったりします。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人だけにコメントする。)
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
忍者アド
最新コメント
[07/18 NONAME]
[11/02 よみがえり]
[07/29 Kuni]
[07/23 Kuni]
[06/15 尾見]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
片山伯耆流丁稚頭
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
フリーエリア
アクセス解析

Copyright © 片山伯耆流柔術 All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]