忍者ブログ
 片山伯耆流は戦国時代の武将、片山伯耆守久安を始祖とする武術である。  居合、剣術、体術等の総合武術で片山流とも称するが、現在まで伝わるのは居合のみ。  最近になって、書伝を基に失伝した腰廻等を起こしたのが「片山伯耆流柔術」。山口県岩国市のとある道場で数人の門下生が稽古をしている。
2017/11月

≪10月  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12月≫
[102]  [101]  [100]  [99]  [98]  [97]  [96]  [95]  [94]  [93]  [92
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 最近流行りつつあるらしいです。中身をさらりと見てみましたが、なるほどと思えると同時に違和感を感じてしまうのも確かです。そもそも、なんで介護に武術を使おうとするのか?というところが謎です。

 この古武術介護法の根底にあるのは「無理のない力の伝達」にあります。まあ、それをうまく体現しているのが古武術だといえるでしょうか。なにしろ、古武術の基本は1対多数でいかに生き延びるか?ということですからね。

 私が思うに古武術というよりも筋トレの理論を使って話をする方が、分かりやすいのではないかな?と。しかし、古武術とあるのでこちらの話で。

 しかし、この方法もまだ出たばかりで、古武術の理屈で説明しようとしているためか、一般の人にはちょっと理解しにくいのではないかと思うのだ。もちろん、古武術をやっている人には問題なく理解できるものだとは思いますけどね。古武術に限らず、柔道や剣道などを経験していない人にとってはあの動き、分かりにくいです。

 ただ、理論としては介護者の負担を軽減し、要介護者の動きも楽にするという点ではなかなかいいところを突いていると思います。もう少し、現実の介護現場での動きにマッチできればもっと使いやすくなるのではないかなと。ただ、武術でいうところの「表形」、つまり基本だけでは対応しにくいでしょうな。なにしろ、武術においては必ず型どおりの動きになるわけではないですし、相手も小さい人もいれば大きい人もいるわけです。介護の現場においても然りです。

 そうなると、古武術介護法においても、研究が進めば口伝とか奥義とか、いわゆる「応用編」が出てくるようになるんでしょうかね。こういったものはいち早く武道家の手を離れてほしいものです。でないと「○○流介護術」なんてものが出かねませんからね...なんてね。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人だけにコメントする。)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
忍者アド
最新コメント
[07/18 NONAME]
[11/02 よみがえり]
[07/29 Kuni]
[07/23 Kuni]
[06/15 尾見]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
片山伯耆流丁稚頭
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
フリーエリア
アクセス解析

Copyright © 片山伯耆流柔術 All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]