忍者ブログ
 片山伯耆流は戦国時代の武将、片山伯耆守久安を始祖とする武術である。  居合、剣術、体術等の総合武術で片山流とも称するが、現在まで伝わるのは居合のみ。  最近になって、書伝を基に失伝した腰廻等を起こしたのが「片山伯耆流柔術」。山口県岩国市のとある道場で数人の門下生が稽古をしている。
2017/09月

≪08月  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  10月≫
[129]  [128]  [127]  [126]  [125]  [124]  [123]  [122]  [121]  [120]  [119
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 流派もいろいろと分かれてみたり、同じ流派であっても道場が違うとやってることが微妙に違ってみたり。そこを1本にまとめなければならなわけだがそこを取り仕切るのが宗家ということになるのでしょうな。

 しかし、人が教えるというのはどうしても変化を伴うわけでそこをいかにまとめていくかが一流派の宗家の役割なのだろうと思う。

 と言いながら、今はそんなことおかまいなしに(といえば語弊があるが)片山伯耆流居合を研究中。今はどこが宗家なのかはいまいち判然としないのだがやはり熊本の流派が近いのだろうか。でも、大阪、京都で活動している道場も同じ星野派の流れではなかったか?

 なにしろ宗家である片山家は先代で伝承を断念しているので(片山家の当主はご健在と聞くが)すでに宗家のない流派になっているのが現状ではなかろうか。まあ、今は実際、片山家の方が存命なのでどこも強くは主張しないんだろうけど、そのうち宗家争いが起こるんではないかなあと心配もあったり。歴史的に見るとやはり熊本の一派が一番本流に近いのではないかなと。

 そのあたりは宗家をやりたいところが頑張っていただければよいのではあって、今はいろいろな道場の演武を参考にしながら研究をしているところ。ただ、やればやるほど気になるところが出てきて一度きちんと習ってみなければならないかなあと思う今日このごろ。

 本日の稽古でも気になるところを何度もやってみたり。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人だけにコメントする。)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
忍者アド
最新コメント
[07/18 NONAME]
[11/02 よみがえり]
[07/29 Kuni]
[07/23 Kuni]
[06/15 尾見]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
片山伯耆流丁稚頭
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
フリーエリア
アクセス解析

Copyright © 片山伯耆流柔術 All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]