忍者ブログ
 片山伯耆流は戦国時代の武将、片山伯耆守久安を始祖とする武術である。  居合、剣術、体術等の総合武術で片山流とも称するが、現在まで伝わるのは居合のみ。  最近になって、書伝を基に失伝した腰廻等を起こしたのが「片山伯耆流柔術」。山口県岩国市のとある道場で数人の門下生が稽古をしている。
2019/11月

≪10月  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12月≫
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 あけましておめでとうございます。

 本年よろしくお願いします。


 と、さて、今年の稽古始めは1月13日(水)となっております。どうやら、昨年登場した新人くんも続けていく模様。寒い日が続きますが、みなさん頑張ってください。

 ちなみに私は12日まで山にこもって修行しておりますので、13日には参加できません。翌週に寒さが和らぐようであれば参加してみようかと思います。

 なお、昨年11月に行った研修会が好評だったようで、今年は回数を増やそうかという話もまことしやかに流れております。演武会は秋の古流武術連合会だけの予定です。厳島神社の大日本武徳会の方はイタリアチームが参加するのであればまた見学に行くとしましょう。

 それでは雪が溶けたころにまたお会いできますように。

PR
 来月、東広島で演武会があります。

 ということで、何やるか決めなきゃならないということで。


 2週間前に足首を捻挫してしまい、未だ正坐ができないということで、立相を中心に。4本ばかりやるということで、私は天神明進流を。いつもならこの時点で2本ばかりは決まっているのだけど、なにぶん居相なもんで、これは無理だな、と。


 しかし、演武会での技となるとけっこう限られてくるもんで、1本はちょっと難しいかなと思いながら選択。いや、本当に難しいですよ。


 まあ、そんなこんなでとりあえず技は決まりました。8月いっぱいは稽古できないので、9月に入ったらまじめにやらないと。
 宮島演武会の様子をビデオに撮影しましたが、現在編集中。やはり、拝殿は天気が良いと暗くなりますね。

 はたしてどんな映像が出てくるのか...?

 どんな風に編集するか、ちょっと楽しみです。

 ところで...イタリアチームは無事帰国したようです。メールもいただきましたが、なかなか返信することかなわず。スミマセン...

 写真の方も整理しているので、返信がてらにいくつか送りますね。もうちょっと待ってください。
 4月29日に行われた片山伯耆流居合の演武をビデオに撮りましたが、それをDVDにまとめました。第1版はすでに関係者に配布したところですが、ちょいと数が足りなかったので、第2版を作成。

 別に内容が変わっているわけではありませんが、レーベルが若干変更されました。元のデザインを保存してたはずなのに行方不明になってしまって...

 まあ、これは内部配布用のもので、一般にはお渡ししませんので、ここに「ください」なんてコメントされてもお渡ししません。先に書いておきます。もっとも、片山伯耆流居合については大阪、京都の方で演武を見ることができるようですね。興味がある方はそちらを見に行ってください。
 いよいよ、明日、岩国の錦帯橋まつりで片山伯耆流居合演武があります。時間は11時からと13時から。いずれも10分程度です。場所は吉香公園の牡丹園にある岩国徴古館前となっています。小雨決行ということですが、このぶんだと晴れそうですね。

 もちろん、演武は真剣で行われます(雨のときは模造刀を使うそうですが)ので迫力満点の演武が見られるかと思います。

 興味のある方はお見逃しなく。午後の方は大名行列と重なるので行列を見たい方は午前の部を見られるのがよいでしょう。

 なお、徴古館内では片山伯耆流に関する史料の展示も行われていますのでそちらも併せてご覧ください。
カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
忍者アド
最新コメント
[07/18 NONAME]
[11/02 よみがえり]
[07/29 Kuni]
[07/23 Kuni]
[06/15 尾見]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
片山伯耆流丁稚頭
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
フリーエリア
アクセス解析

Copyright © 片山伯耆流柔術 All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]