忍者ブログ
 片山伯耆流は戦国時代の武将、片山伯耆守久安を始祖とする武術である。  居合、剣術、体術等の総合武術で片山流とも称するが、現在まで伝わるのは居合のみ。  最近になって、書伝を基に失伝した腰廻等を起こしたのが「片山伯耆流柔術」。山口県岩国市のとある道場で数人の門下生が稽古をしている。
2017/09月

≪08月  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  10月≫
[29]  [28]  [27]  [26]  [25]  [24]  [23]  [22]  [21]  [20]  [19
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 では、片山伯耆流柔術の内容についてということになるのだが、元は竹内流だそうだが、内容はずいぶんと変わっているらしい。

 片山伯耆守久安が竹内流を参考にその内容を組み立てているものと思われる。技としては、大きく2つの体系に分かれているように思われる。

 まず、自分が攻撃を受けたときの防御。まあ、これは特にどうこう言うこともあるまい。次に、自分以外の人が攻撃を受けたときの防御。これはちょっと珍しいのではないかな?

 もっとも、この時代で自分以外と言えば自分の主人(殿様)ということになる。まあ、他の流派でもあるのだとは思うけどね。

 その技の基本は当然ながら「後の先」をとり相手を制するもの。ま、これはこの流派に限らず柔術に限らず、武術においては基本といえる。

 ちなみに腰の廻については、本が出ている。部数はそう多くないのだが、古本屋など探せば手に入るのではないだろうか。ちょっといいお値段だとは思うが、原本の写しも付いての値段と考えればそんなに高くもないかなと思う。興味のある人は探してみてはどうだろうか。

 ちなみに、現在この片山伯耆流柔術が行われているのは岩国と香川くらいだろうか。実はイタリアでも行われていたりする。本家の岩国で少々勢いがないのが気になるところではあるが...
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人だけにコメントする。)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
忍者アド
最新コメント
[07/18 NONAME]
[11/02 よみがえり]
[07/29 Kuni]
[07/23 Kuni]
[06/15 尾見]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
片山伯耆流丁稚頭
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
フリーエリア
アクセス解析

Copyright © 片山伯耆流柔術 All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]